• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
CALENDAR
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
賛助会員募集中
平成22年度賛助会員募集中
賛助会員入会の申込は、
上記をクリックしてPDFを閲覧下さい。
知り合いにも紹介しよう!
お申込み用紙はこちら
最新記事
RECENT COMMENT
PROFILE
Archives
OTHERS

スカラジャニッキ 『レ・ミゼラブル』最後の発声可能上映

みなさま、こんにちは……。

 

とうとうこの日が来てしまいました。

『レ・ミゼラブル』最後の発声可能上映のご案内をする日が。

 

 

2013年に川越スカラ座で初めて上映し、その時のミュージカル割はおかげさまでご好評いただき、テレビ朝日「ナニコレ珍百景」にも取り上げられました。

(その後も歌えば割引になるという多大な誤解が生じたのも今となってはよい思い出です)

 

2014年6月にアンコール上映した際には初めて発声可能上映(という特殊な言い方には理由があるのですが割愛します)を実施。

 

その後も毎年6月に発声可能上映を実施し、2017年にはマサラ形式を取り入れ、今年2019年の発声可能上映はこれまでで最大量の紙吹雪が舞う、大変に感動的なイベントとなりました。

 

毎年欠かさず参加してくださる方々もいらっしゃるレミゼの発声可能上映、略してレミゼマサラ。

 

 

が、そんなレミゼマサラもこれで最後です。

日本での上映権が12月20日で切れるため、国内最後の上映、そしてレミゼマサラを実施いたします。

 

もう次はありません。

万難を排し、体調を万全に整えてご参加ください。

 

 

●日時

2019年12月14日(土)14:30開場/15:00上映開始

※予告なし

※ご入場は整理番号順(ご予約優先)

 

●持ち物

クラッカー、紙ふぶき、鳴り物、自作歌詞カードなど

※スクリーンに歌詞は一切出ません

※OKかNGか不明なグッズはご相談ください

※水、火は使用禁止です

 

●料金

1,200円

(大学生&障がい者手帳お持ちの方は1,000円、高校生の方は500円※要証明)

 

●チケット販売

当日朝10:00より

※整理券を発行します

※予約で完売の場合、当日券はありません

 

※完売次第、販売を終了いたします(124席)
※チケットご購入後の変更、払い戻しはできません
※イベントは予告なく変更、中止になる場合がございます、あらかじめご了承くださいませ

 

●ご予約

2019年11月20日(水)0:00から受付開始(12月11日23:59締め切り)

お申し込みはこちらから

※完売次第終了(124席)

 

「何で上映権切れてしまうん?」

 

「誰か上映権買ってくれないかな……」

| - | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『マッキー』マサラ上映開催

みなさま、こんにちは!

怒涛のイベントラッシュ中の川越スカラ座(って言いすぎですね)です。

 

さてさて、たいへんお待たせしておりますが、『マッキー』マサラの予約を開始したいと思いますよ!

もう作品の面白さはみなさまお聞き及びと存じますが、未見の方も何度も観たよという方もぜひ!

 

超絶楽しいマサラ上映、みなさまのお越しをお待ちしております!!

 

 

●日時

2019年11月23日(土)14:30開場/15:00マサラ開始!

 

●チケット

通常料金

※招待券、ポイント使用による無料鑑賞あり

 

●ご予約

メールフォームにて11月4日(月・祝)0:00より受付

※11月21日(木)まで受付(完売次第終了)

 

●当日券

当日朝10:00より販売開始

※整理券発行

※予約で終了の場合は当日券なし

 

●持ち物

ハンカチ、ティッシュ、携帯電話、家の鍵、財布

そのほかマサラに使うもの(紙吹雪、クラッカー、タンバリン、笛、火薬銃など)

 

※OKかNGかわからないものはお問い合わせ下さい

※クラッカー、火薬銃のご使用は大歓迎ですが、火や水は使わないでください

※クラッカーは販売もいたします

※上映中の撮影は、動画、静止画ともに禁止です

※イベントは予告なく変更、中止になる場合がございます、あらかじめご承知おきください

 

当日は着替えスペースを用意します。

コスプレ大歓迎ですのでぜひご利用ください。

狭いので譲り合ってご使用くださいませ。

 

ダンスももちろん歓迎です!

スクリーン前の赤い絨毯(の端の方)、あるいは客席後ろ、両脇通路など、他の方にぶつからない場所でお願い致します。

 

6月のレミゼ以来5か月ぶりのマサラ、

インド映画のマサラとしては1月のバーフバリ以来!

 

ということで、夢に見るほど楽しみにしております。

一緒に満喫しましょう!!

 

ねーねー、一緒にマサラ行こうよ!

 

満席だと…!俺の席を用意しろ!

あと俺にもクラッカーよこせ!

 

マサラのために毎日筋トレしております!

 

殺虫剤の持ち込みは禁止!

 

当日の様子(予想図)

| - | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯』舞台挨拶

みなさま、こんにちは!

 

10月から怒涛のイベント続きの川越スカラ座です。

ちょっと数えたただけも、2か月間で18のイベントが!

ぜひひとつでも多くのイベントにご参加いただけると幸いです。

 

さてさて、みなさまご期待のカメジローでも舞台挨拶がありますよ!

テレビでもおなじみの元NEWS23キャスター、佐古忠彦監督がご登壇されます。

 

万難を排してお越しくださいませ。

 

 

●日時

2019年11月10日(日)15:30開場/16:00上映

※舞台挨拶は上映終了後

※サイン会あり(物販ご購入の方のみ)

※写真撮影可(フラッシュ禁止)、SNS掲載可

※動画撮影、録音禁止

 

 

●ゲスト

佐古忠彦監督

 

●チケット

通常料金

※招待券、ポイント使用による無料鑑賞不可

 

●当日券

当日朝10:00より販売開始

※完売次第終了(124席)

※整理券配布(15:30より整理番号順に入場)

 

『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー』に続く、瀬長亀次郎さんのドキュメンタリー第二弾。

今回は、政治家としての顔だけでなく、夫として、父としての亀次郎さんの姿もたっぷり描かれております。

 

政治家として高潔なばかりでなく、家庭人としても人間的魅力にあふれた亀次郎さん。

いまも沖縄の人々に愛されている理由がよくわかります。

 

こんな人がまた現れてほしい、今こそ日本はカメジローを必要としている。

観た後はそんな風に感じるはずです。

 

NEWS23のメインキャスターだった筑紫哲也さんから、

「沖縄に行けば日本が見える。この国の矛盾が沖縄にはいっぱいつまっている」

と教えられたという佐古監督。

 

佐古監督が本作に込めた思いを聞きにぜひお越しください。

ひとりでも多くの方にご覧いただきたい作品です。

| - | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 第17回弁士・伴奏付き『キートンのセブンチャンス』『チャップリンの移民』無声映画上映会

【当日券販売のお知らせ】 

 

当日券を販売します。

 

当日電話予約受付:2019年11月17日(日)11:00開始

※開演1時間前(17:00)までにチケットをご購入できる方のみ

 

電話番号:049-223-0733

 

窓口販売開始時間:2019年11月17日(日)11:00開始

 

枚数:33枚

※完売次第終了

 

料金:2,600円

 

--------------------------------

みなさま、こんにちは!

 

毎回大好評の弁士・伴奏付き無声映画上映会、今回はキートンとチャップリンという、喜劇王の競演(?)です。

たくさん笑って日頃のストレスや疲れを吹き飛ばしてください!

 

そしてすみません、今回よりチケット料金が前売、当日ともに100円ずつUPとなります……。

何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

○第17回弁士・伴奏つき無声映画上映会○

上映作品

キートンのセブンチャンス

 

併映作品

チャップリンの移民

 

日時

2019年11月17日(日)開場17:45/開演18:00

 

チケット

料金:前売券2,100円/当日券2,600円

※全席指定

 

●先行予約

有料メールマガジンご購読者さまのみ先行予約あり

※10月14日(月)発行の号外にてご予約開始

 

●窓口販売

10月22日(火・祝)11:00より開始

※完売次第終了

翌日より営業日の10:00から営業終了時間まで販売(火曜休館)

 

●一般予約

10月22日(火・祝)0:00から11月12日(火)23:59まで

※完売次第終了

※窓口販売優先

 

メールフォームにてお申し込み

 

※3営業日(火曜定休)以内に、メールで振込先をお知らせいたします

※指定日までにご入金いただくとご予約完了となります

※ご入金確認後、ご予約完了メールをお送りいたします

 

 

 

 

【座席ブロック表】

Aブロック完売

Bブロック完売

 

 

●当日券:2019年11月17日(日)10:00より販売

※前売券で完売の場合は当日券なし

 

 

弁士:ハルキさん

 

ピアノ演奏:新垣隆さん

 

(企画:オフィス・アゲイン

 

<作品情報>

キートンのセブンチャンス

Seven Chances

1925年 アメリカ メトロ‐ゴールドウィン=キートンプロ作品  上映時間56分

日本公開=大正15年7月15日 葵館、浅草帝国館

 

〈スタッフ〉

監督……バスター・キートン

脚本……クライド・ブルックマン、ジーン・ハヴェッツ、ジョゼフ・ミッチェル

撮影……エルジン・レスリー、バイロン・ハウク

技術監督……フレッド・ガブリー

製作……ジョゼフ・M・スケンク

 

〈配役〉

ジミイ・シャノン……バスター・キートン

ビリー・ミーキン……ロイ・バーンズ

メリー・ジョーンズ……ルース・ドワイヤー

メリーの母親……フランキー・レイモンド

弁護士……スニッツ・エドワーズ

牧師……アーウィン・コネリー

召使……ジュールス・カウルズ

電話交換手……ジーン・アーサー

 

〈解説〉

結婚という人類普遍のテーマを取り上げたバスター・キートンの大傑作。

本作最大の見どころは、花嫁候補の大群に追われたキートンが、野を駆け、山を越え、谷を跳び、岩石が転げ落ちる急斜面を逃げ回るシーンである。

当時の批評では「此処に人間としての形而上のキートン及び形而下のキートンが、その俳優たると監督たるとのキートンが、山と水と草と石との自然と一つとなって、素晴らしいスピード、笑いの爆笑、クライマックスへの巧みなピッチのあげ方、そして飄々乎たる趣を遺憾なく発揮している」とした上で、さらに「この映画が受けぬ筈はない、と一度に云い切れる程の好喜劇」と絶賛されている。

原作は、1916年にブロードウェイで上演された同名のコメディ。

のちにスターとなったジーン・アーサーが端役で出演している。

(松田豊)

 

〈略筋〉

内気なジミイは恋するメリーになかなか求婚することができない。

一方、親友のビリーと一緒に経営している会社が破産寸前。

そんな折、もしジミイが27歳の誕生日の夜7時までに結婚すれば700万ドルの遺産を受け取れる事が判った。

27歳の誕生日 ― それは今日だ!

果たしてジミィは結婚出来るだろうか?

ジミィの婚活大作戦が幕を開けた!

 

 

チャップリンの移民

The Immigrant

1917年アメリカ  ミューチュアル=チャップリン映画  上映時間 18分

封切=大正7年8月20日 浅草電気館

 

〈スタッフ〉

監督、脚本・・・・・・・・・チャールズ・チャップリン

撮影・・・・・・・・・・・・ローランド・トサロー

 

〈配役〉

移民の男・・・チャールズ・チャップリン 

移民の女・・・エドナ・パーヴィアンス

老移民・・・・ジェームス T. ケリー           画家・・・ヘンリー・バーグマン

ボーイ長・・・エリック・キャンベル           客・・・ジョン・ランド

レストランの主人・・・フランク J. コールマン

イカサマ賭博師・・・・・・・スタンレー・サンフォード

ロシア移民&レストランの客・・・アルバート・オースチン

 

(解説)

 『霊泉』に次ぐミューチュアルにおける11本目の作品で、次作の『冒険者』を最後にチャップリンはミューチュアルを離れてファースト・ナショナルと組み、ハリウッドのサンセット大通りに建設されたチャップリン撮影所での撮影を開始することになる。

この作品が製作された1917年、第一次世界大戦の勃発によりヨーロッパから大量の難民がアメリカへ流入してきた。

これに危機感を抱いた合衆国政府は移民制限法を成立させる。

そのような政治的状況を背景として作られた本作品には、喜劇的な笑いの中に、チャップリンの政府に対する批判と社会的弱者に対する優しい気持ちが込められている。

完成作品の20倍ものフィルムが撮影に費やされ、丁寧に、そして贅沢に製作された作品でもある。

 

(略筋)

自由と安住の地を求め、一抹の希望を抱いてアメリカ行きの移民船に乗り込んだチャーリーは、病気の母親と共に乗船していたエドナと知り合う。

無事にアメリカへ到着し、互いの行く末を祈りながら別れた二人。

その後、チャーリーは仕事にも恵まれず苦しい日々が続いていたが、そんな中、偶然訪れたレストランでエドナと再会する…。

| - | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『アジアの純真』一日限定特別上映&ティーチイン

みなさま、こんにちは!

 

10/12(土)に開催予定だった、『アジアの純真』上映&ティーチイン。

台風19号のために、残念ながら延期を決定しました。

 

延期後の新日程が決まりましたので、今からご予定に入れておいてくださると幸いです。

みなさまのお越しをお待ちしております!

 

 

 

●日時

2019年11月24日(日)16:50上映/上映後ティーチイン

 

●ゲスト

井上淳一さん(脚本)

 

●チケット

通常料金

※招待券、ポイント使用による無料鑑賞あり

 

●当日券

当日朝10:00より販売開始

※完売次第終了(124席)

 

主演は『誰も知らない』『菊とギロチン』の韓英恵さん。

日本人のチンピラに姉を殺された少女役を演じています。

 

殺害現場に居合わせ、何もできなかった高校生役に笠井しげ(笠井薫明)さん。

韓さん演じる少女と、復讐の旅に出ます。

 

 

本作は北朝鮮への嫌悪感と憎しみに満ちていた時代の日本を舞台にしています。

近年の嫌韓ムード強まる日本の状況に危機感を覚えた脚本の井上さんからのご提案により、このたびの特別上映が決定しました。

 

みなさまの中にも、いまの日本の空気に違和感を覚えていらっしゃる方は少なくないのではと思います。

ぜひぜひ今回の特別上映にお越しくださいませ。

 

| - | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『メランコリック』初日舞台挨拶

みなさま、こんにちは!

 

川越スカラ座スタッフが一丸となっておすすめしている『メランコリック』。

 

観たら絶対好きになってしまう『メランコリック』で、観たら絶対惚れてしまう「松本」

その松本が、いや、松本役の磯崎義知さんが、初日舞台挨拶でご登壇くださることになりました!!

 

 

 

●日時

2019年9月28日(土)16:30の回上映後(開場16:15)

※トーク後はフォトセッション、サイン会あり

 

●ゲスト

磯崎義知さん(松本役・TAディレクター)

吉田芽吹さん(副島百合役)

矢田政伸さん(田中役)

大久保裕太さん(田村役)

 

●チケット

通常料金

※9月28日より改定となる券種もあるのでご注意ください

※招待券、ポイント使用による無料鑑賞あり

 

●当日券

当日朝10:00より販売開始

※完売次第終了(124席)

 

●先行予約

9月14日(土)9:00ごろ発行の有料メールマガジンにて受付開始

 

●一般予約

9月21日(土)0:00よりメールフォームにて受付開始(9月26日23:59締め切り)

※0:00前のお申し込みは受け付けられないのでご注意ください

 

 

「9月28日って空いてる?」

「……!」

 

「えっ…チケット完売……!?」

 

「完売らしいけどさぁ、俺の分どうにか用意してよ」

「……」

 

「はやく掃除しなきゃ舞台挨拶に間に合わない…」

 

イベントのあとは旭湯へ!

 

| - | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/75PAGES | >>