• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
CALENDAR
<< October 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
賛助会員募集中
平成22年度賛助会員募集中
賛助会員入会の申込は、
上記をクリックしてPDFを閲覧下さい。
知り合いにも紹介しよう!
お申込み用紙はこちら
最新記事
RECENT COMMENT
PROFILE
Archives
OTHERS

スカラジャニッキ 第17回弁士・伴奏付き『キートンのセブンチャンス』『チャップリンの移民』無声映画上映会

みなさま、こんにちは!

 

毎回大好評の弁士・伴奏付き無声映画上映会、今回はキートンとチャップリンという、喜劇王の競演(?)です。

たくさん笑って日頃のストレスや疲れを吹き飛ばしてください!

 

そしてすみません、今回よりチケット料金が前売、当日ともに100円ずつUPとなります……。

何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

○第17回弁士・伴奏つき無声映画上映会○

上映作品

キートンのセブンチャンス

 

併映作品

チャップリンの移民

 

日時

2019年11月17日(日)開場17:45/開演18:00

 

チケット

料金:前売券2,100円/当日券2,600円

※全席指定

 

●先行予約

有料メールマガジンご購読者さまのみ先行予約あり

※10月14日(月)発行の号外にてご予約開始

 

●窓口販売

10月22日(火・祝)11:00より開始

※完売次第終了

翌日より営業日の10:00から営業終了時間まで販売(火曜休館)

 

●一般予約

10月22日(火・祝)0:00から11月12日(火)23:59まで

※完売次第終了

※窓口販売優先

 

メールフォームにてお申し込み

※リンクは前日掲載

 

※3営業日(火曜定休)以内に、メールで振込先をお知らせいたします

※指定日までにご入金いただくとご予約完了となります

※ご入金確認後、ご予約完了メールをお送りいたします

 

 

 

 

【座席ブロック表】

 

 

●当日券:2019年11月17日(日)10:00より販売

※前売券で完売の場合は当日券なし

 

 

弁士:ハルキさん

 

ピアノ演奏:新垣隆さん

 

 

<作品情報>

キートンのセブンチャンス

Seven Chances

1925年 アメリカ メトロ‐ゴールドウィン=キートンプロ作品  上映時間56分

日本公開=大正15年7月15日 葵館、浅草帝国館

 

〈スタッフ〉

監督……バスター・キートン

脚本……クライド・ブルックマン、ジーン・ハヴェッツ、ジョゼフ・ミッチェル

撮影……エルジン・レスリー、バイロン・ハウク

技術監督……フレッド・ガブリー

製作……ジョゼフ・M・スケンク

 

〈配役〉

ジミイ・シャノン……バスター・キートン

ビリー・ミーキン……ロイ・バーンズ

メリー・ジョーンズ……ルース・ドワイヤー

メリーの母親……フランキー・レイモンド

弁護士……スニッツ・エドワーズ

牧師……アーウィン・コネリー

召使……ジュールス・カウルズ

電話交換手……ジーン・アーサー

 

〈解説〉

結婚という人類普遍のテーマを取り上げたバスター・キートンの大傑作。

本作最大の見どころは、花嫁候補の大群に追われたキートンが、野を駆け、山を越え、谷を跳び、岩石が転げ落ちる急斜面を逃げ回るシーンである。

当時の批評では「此処に人間としての形而上のキートン及び形而下のキートンが、その俳優たると監督たるとのキートンが、山と水と草と石との自然と一つとなって、素晴らしいスピード、笑いの爆笑、クライマックスへの巧みなピッチのあげ方、そして飄々乎たる趣を遺憾なく発揮している」とした上で、さらに「この映画が受けぬ筈はない、と一度に云い切れる程の好喜劇」と絶賛されている。

原作は、1916年にブロードウェイで上演された同名のコメディ。

のちにスターとなったジーン・アーサーが端役で出演している。

(松田豊)

 

〈略筋〉

内気なジミイは恋するメリーになかなか求婚することができない。

一方、親友のビリーと一緒に経営している会社が破産寸前。

そんな折、もしジミイが27歳の誕生日の夜7時までに結婚すれば700万ドルの遺産を受け取れる事が判った。

27歳の誕生日 ― それは今日だ!

果たしてジミィは結婚出来るだろうか?

ジミィの婚活大作戦が幕を開けた!

 

 

チャップリンの移民

The Immigrant

1917年アメリカ  ミューチュアル=チャップリン映画  上映時間 18分

封切=大正7年8月20日 浅草電気館

 

〈スタッフ〉

監督、脚本・・・・・・・・・チャールズ・チャップリン

撮影・・・・・・・・・・・・ローランド・トサロー

 

〈配役〉

移民の男・・・チャールズ・チャップリン 

移民の女・・・エドナ・パーヴィアンス

老移民・・・・ジェームス T. ケリー           画家・・・ヘンリー・バーグマン

ボーイ長・・・エリック・キャンベル           客・・・ジョン・ランド

レストランの主人・・・フランク J. コールマン

イカサマ賭博師・・・・・・・スタンレー・サンフォード

ロシア移民&レストランの客・・・アルバート・オースチン

 

(解説)

 『霊泉』に次ぐミューチュアルにおける11本目の作品で、次作の『冒険者』を最後にチャップリンはミューチュアルを離れてファースト・ナショナルと組み、ハリウッドのサンセット大通りに建設されたチャップリン撮影所での撮影を開始することになる。

この作品が製作された1917年、第一次世界大戦の勃発によりヨーロッパから大量の難民がアメリカへ流入してきた。

これに危機感を抱いた合衆国政府は移民制限法を成立させる。

そのような政治的状況を背景として作られた本作品には、喜劇的な笑いの中に、チャップリンの政府に対する批判と社会的弱者に対する優しい気持ちが込められている。

完成作品の20倍ものフィルムが撮影に費やされ、丁寧に、そして贅沢に製作された作品でもある。

 

(略筋)

自由と安住の地を求め、一抹の希望を抱いてアメリカ行きの移民船に乗り込んだチャーリーは、病気の母親と共に乗船していたエドナと知り合う。

無事にアメリカへ到着し、互いの行く末を祈りながら別れた二人。

その後、チャーリーは仕事にも恵まれず苦しい日々が続いていたが、そんな中、偶然訪れたレストランでエドナと再会する…。

| - | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『アジアの純真』一日限定特別上映&ティーチイン

みなさま、こんにちは!

 

10/12(土)に開催予定だった、『アジアの純真』上映&ティーチイン。

台風19号のために、残念ながら延期を決定しました。

 

延期後の新日程が決まりましたので、今からご予定に入れておいてくださると幸いです。

みなさまのお越しをお待ちしております!

 

 

 

●日時

2019年11月24日(日)16:50上映/上映後ティーチイン

 

●ゲスト

井上淳一さん(脚本)

 

●チケット

通常料金

※招待券、ポイント使用による無料鑑賞あり

 

●当日券

当日朝10:00より販売開始

※完売次第終了(124席)

 

主演は『誰も知らない』『菊とギロチン』の韓英恵さん。

日本人のチンピラに姉を殺された少女役を演じています。

 

殺害現場に居合わせ、何もできなかった高校生役に笠井しげ(笠井薫明)さん。

韓さん演じる少女と、復讐の旅に出ます。

 

 

本作は北朝鮮への嫌悪感と憎しみに満ちていた時代の日本を舞台にしています。

近年の嫌韓ムード強まる日本の状況に危機感を覚えた脚本の井上さんからのご提案により、このたびの特別上映が決定しました。

 

みなさまの中にも、いまの日本の空気に違和感を覚えていらっしゃる方は少なくないのではと思います。

ぜひぜひ今回の特別上映にお越しくださいませ。

 

| - | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『メランコリック』初日舞台挨拶

みなさま、こんにちは!

 

川越スカラ座スタッフが一丸となっておすすめしている『メランコリック』。

 

観たら絶対好きになってしまう『メランコリック』で、観たら絶対惚れてしまう「松本」

その松本が、いや、松本役の磯崎義知さんが、初日舞台挨拶でご登壇くださることになりました!!

 

 

 

●日時

2019年9月28日(土)16:30の回上映後(開場16:15)

※トーク後はフォトセッション、サイン会あり

 

●ゲスト

磯崎義知さん(松本役・TAディレクター)

吉田芽吹さん(副島百合役)

矢田政伸さん(田中役)

大久保裕太さん(田村役)

 

●チケット

通常料金

※9月28日より改定となる券種もあるのでご注意ください

※招待券、ポイント使用による無料鑑賞あり

 

●当日券

当日朝10:00より販売開始

※完売次第終了(124席)

 

●先行予約

9月14日(土)9:00ごろ発行の有料メールマガジンにて受付開始

 

●一般予約

9月21日(土)0:00よりメールフォームにて受付開始(9月26日23:59締め切り)

※0:00前のお申し込みは受け付けられないのでご注意ください

 

 

「9月28日って空いてる?」

「……!」

 

「えっ…チケット完売……!?」

 

「完売らしいけどさぁ、俺の分どうにか用意してよ」

「……」

 

「はやく掃除しなきゃ舞台挨拶に間に合わない…」

 

イベントのあとは旭湯へ!

 

| - | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ アルバイトスタッフ募集

【お知らせ】

募集は締め切りました。

ご応募ありがとうございました!

 

一次選考の結果、二次選考(面接)に来ていただく方には近日中に連絡を差し上げます。

どうぞよろしくお願い致します。

 

----------------------------

 

みなさま、こんにちは!

屋根工事をして雨が怖くなくなった川越スカラ座です。

 

さて、このたび当館では、新しいアルバイト募集をものすっごい久しぶりに行うことになりました。

前回は10年ぐらい前でしょうか。

 

週一でしかも平日午前+αだけという、ある意味大変条件の厳しい求人ですが、接客大好きな方お待ちしております!

 

2週間ほどご応募を受け付ける予定ですが、状況により早まったり長くなったりすることがあります。

その場合はこちらでお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。

 

 

<募集要項>

●募集人員

1名

 

●仕事内容

接客、清掃、物品販売及び日報の作成、立看板ポスター張り作業ほか雑用

 

●時給

898円

(埼玉県の最低賃金に準ずる)

 

●交通費

1日400円まで

 

●応募資格

20歳以上

 

●勤務日

受付/毎週水曜

ポスター貼り/2週もしくは1週に1回(当館所有の三輪車を使用)

 

●勤務時間

水曜9:00-13:30

(上映作品や状況により変動。4時間半勤務の場合は休憩なし)

 

●待遇・福利厚生

当館上映作品の無料鑑賞

試写、イベントへの参加など

 

※労働条件、勤務日数や時間は変更する場合もあります

 

<応募方法>

Wordなどで必要事項を入力した文書(書式自由)を作成後、PDFに変換してメールに添付し、以下のアドレスにお送りください。

件名は「アルバイト応募」でお願いいたします。

 

info◎k-scalaza.com

(◎を@に変更してください)

 

●必要事項

お名前(漢字)

ふりがな(ひらがな)

生年月日

現住所

お電話番号

応募動機

自己PR

接客経験の有無

 

※顔写真(JPEG形式)もメールに添付してください

| - | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 第16回弁士・伴奏付き『吸血鬼ノスフェラトゥ』無声映画上映会開催のお知らせ

【お知らせ】

完売となりました!

ありがとうございました。

 

もしキャンセルが出た場合はお知らせいたします。

(8/21)

 

-----------------

【お知らせ】

公演時間、チケット販売方法、作品紹介更新しました!

(7/4)

 

-----------------

【お知らせ】

併映作品が決まりました!

(6/29)

 

-----------------

【お知らせ】

作品の告知も解禁となりました!

(6/8)

 

-----------------

みなさま、こんにちは!

 

いつも大好評でリピーターの方が多い、弁士・伴奏付き無声映画上映会。

次回の開催日が決定いたしました!

 

作品もほぼ決定しておりますが、告知開始まで今しばらくお待ちくださいませ。

ピアノ演奏の新垣隆さんが大得意とするジャンルの作品ですので、ご期待ください!

 

 

○第16回弁士・伴奏つき無声映画上映会○

 

 

上映作品

吸血鬼ノスフェラトゥ

 

 

併映作品

チャップリンの番頭

 

 

日時

2019年8月31日(土)開場16:00/開演16:30

※公演終了は18:20ごろの予定

 

チケット

料金:前売券2,000円/当日券2,500円

※全席指定

 

●先行予約

有料メールマガジンご購読者さまのみ先行予約あり

※7月13日(土)9:00ごろ発行の号外にて受付開始

 

●窓口販売

2019年7月20日(土)11:00より開始

※完売次第終了(124席)

翌日より営業日の10:00から営業終了時間まで販売(火曜休館)

 

●一般予約

2019年7月20日(土)0:00から8月23日(金)23:59まで

※完売次第終了

※窓口販売優先

 

メールフォームにてお申し込み

※3営業日(火曜定休)以内に、メールで振込先をお知らせいたします

※指定日までにご入金いただくとご予約完了となります

※ご入金確認後、ご予約完了メールをお送りいたします

 

 

【座席ブロック表】

 

 

 

●当日券:2019年8月31日(土)10:00より販売

※前売券で完売の場合は当日券なし

完売となったため、当日券の販売はありません。

 

弁士:ハルキさん

 

ピアノ演奏:新垣隆さん

 

 

<作品情報>

吸血鬼ノスフェラトゥ ――恐怖の交響曲――

NOSFERATU     Eine Symphonie des Grauens

1922年ドイツ・プラナ作品 上映時間63分 製作時日本未公開

 

〈スタッフ〉

監督・・・・ F・W・ムルナウ

原作・・・・ ブラム・ストーカー                脚本・・・・ ヘンリック・ガレーン

撮影・・・・ フリッツ・アルノ・ヴァグナー、ギュンター・クランプ

美術・・・・ アルビン・グラウ

〈配役〉

ドラキュラ伯爵(オルロック伯爵)・・・・・ マックス・シュレック

ジョナサン・ハーカー・・・・・ グスタフ・フォン・ヴァンゲンハイム

その妻ニーナ・・・・・ グレタ・シュレーダー

レンフィールド(不動産屋)・・・・・ アレクサンダー・グラナッハ

ウェステンラ(ハーカーの友人)・・・・・ G・H・シュネル

その妻ルーシー・・・・・ ルース・ランドショフ

ヴァン・ヘルシング教授・・・・・ ヨハン・ゴットウト

医者・・・・・ グスタフ・ボルツ

〈解説〉

ドイツ表現主義の傑作であり、吸血鬼を扱ったホラー映画の原点とも云うべき作品。

〈吸血鬼伝説〉は、ヨーロッパで古くから言い伝えられていたが、19世紀末にブラム・ストーカーが長篇小説「ドラキュラ」を発表。これを原作として、監督作品もあるヘンリク・ガレーンが脚本を手掛け、F・W・ムルナウが監督。原作ではロンドンが主な舞台だが、実際に疫病騒ぎが起こったブレーメンに物語の主軸を移した。しかし、製作会社が原作の映画化権を取得していなかった為に「ドラキュラ」の名称を使えず、又、著作権侵害で裁判沙汰にもなっている。それ故か、オリジナルのネガ・フィルムも存在していないとされており、現代では様々なバージョンが上映されている。今回の上映はアメリカ編集版の一つで、こちらの字幕では「ドラキュラ」と表現されている。

ネガ・ショットの挿入やコマ落としでの撮影など、実験的な映像テクニックが駆使されており、怪奇性や不気味さの演出ばかりではなく、ロマンティックな場面や超現実的なシーンもあって、当時の映画芸術の粋が凝縮された作品でもある。

F・W・ムルナウは、ヨーロッパ演劇界の第一人者マックス・ラインハルトに師事して俳優からスタートし、演出助手を務めた後の1919年に監督デビュー。ドイツを代表する監督になったが、渡米後の31年に42歳の若さで事故死してしまった。 

(松田豊)

〈略筋〉

ブレーメンに住むジョナサン・ハーカーは妻のニーナと共に幸せに暮らしていた。

ある日ハーカーは、トランシルバニアのドラキュラ伯爵を訪ねるよう上司のレンフィールドから指令を受けた。

ブレーメンの家を購入したいと伯爵から連絡があったというのだ。

ハーカーはニーナを友人のウェステンラ夫妻の家に預け、単身で遥か彼方のトランシルバニアへと急ぐ。

馬車を乗り継ぎ、途中の村で食事を取っていると、彼がドラキュラ伯爵の城へ行こうとしていることを知った人々は口々に「あそこは悪霊の地だ」と恐れおののく。

夜が更け、伯爵の古城に辿り着いたハーカーを出迎えたのは・・・

 

 

チャップリンの番頭  The Pawnshop

1916年 アメリカ ミューチュアル社作品  上映時間 22分

日本封切=大正6年10月20日 浅草三友館

〈スタッフ〉

監督、脚本・・・・・・・・・チャールズ・チャップリン

撮影・・・・・・・・・・・・ローランド・トサロー、ウィリアム・C・フォスター

〈配役〉

質屋の店員・・・・ チャールズ・チャップリン   

質屋の娘・・・・・ エドナ・パーヴィアンス      

質屋の主人・・・・ ヘンリー・バーグマン                        

質屋の店員・・・・ ジョン・ランド

目覚し時計を持ってくる客・・・ アルバート・オースチン

目覚し時計を持ってくる客・・・ アルバート・オースチン

指輪を持ってくる客・・・ ジェイムズ・T・ケリー

強盗・・・・・・・ エリック・キャンベル

金魚を持ってくる客・・・・ シャルロット・ムノウ

警官・・・・・・・ フランク・J・コールマン

 

〈解説〉

『伯爵』に次ぐチャップリンの56本目、ミューチュアルに移ってからは6本目となる作品で、『質屋』の題名で上映されることもある。

小道具を効果的に使用した秀逸なギャグが連続する作品で、中でも質草の目覚し時計をバラバラに解体して持ち主に返すシーンは有名。

「チャップリン芸術の破綻なき完成を示す玉成的名品」とも評されている。

(松田豊)

〈略筋〉

質屋の店員チャーリーは今日も遅刻をして主人から大目玉。

早速挽回しようと掃除に取り掛かるが、楽器を水洗いしてクビを言い渡される。

必死の嘆願が功を奏し、何とかクビは免れるが、今度は同僚との喧嘩が始まった。

そこへ質屋の娘エドナが現われると見るや、介抱を目当てに自らぶっ倒れるという有り様であった。

さて、チャーリーが店番をしていると、質草を手にした客が代わる代わるに現れて…。

| - | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『モダン・ラブ』舞台挨拶

みなさま、こんにちは!

 

川越出身の福島拓哉監督最新作『モダン・ラブ』。

当館にて一週間限定上映です!

 

白百合幼稚園、高階小学校、砂中学校、川越高校卒業という監督。

30年前は川越スカラ座に通っていたとのこと。

 

期間中は毎日舞台挨拶がありますよ!(休館日以外)

どの日に行くか迷っちゃう…!

そんな方は、ぜひ毎日!とはさすがに言いませんが、何度かお運びくださいませ!

 

ご来場者さま全員に、海外版ポストカードのプレゼントもあります!

 

 

●日時およびイベント内容

2019年6月1日(土)12:45の回上映後

初日舞台挨拶

高橋卓郎さん(テル役)、福島拓哉監督(川越出身)

※限定1名未使用脚本プレゼント

 

2日(日)12:45の回上映後

ミニライブ

キャットニャンダフルフォーク部・竹田信吾さん(川越出身、劇中挿入歌)、福島拓哉監督(川越出身)

ミュージシャン兼農家の竹田さん。

当日は山梨で育てた、無農薬野菜の販売もあります!

 

3日(月)12:45の回上映後

舞台挨拶

佐藤睦さん(高山役)、福島拓哉監督(川越出身)

 

5日(水)12:45の回上映後

舞台挨拶

芳野正朝さん(シゲ役)、福島拓哉監督(川越出身)

 

6日(木)12:45の回上映後

舞台挨拶

関口純さん(埼玉県出身、音楽担当)、福島拓哉監督(川越出身)

 

7日(金)12:45の回上映後

最終日舞台挨拶

福島拓哉監督(川越出身)、ほか未定

 

●料金
通常料金
※招待券、ポイントカードご利用による無料鑑賞可

 

●チケット(全席自由)
当日朝10:00より販売開始
※混雑状況により、整理券を発行する場合があります


※完売次第、販売を終了いたします(124席)
※チケットご購入後の変更、払い戻しはできません
※イベントは予告なく変更、中止になる場合がございます、あらかじめご了承くださいませ

 

今回、福島監督の出身地での上映ということで、川越限定ポスター販売(300円)もあります!

ぜひお買い求め下さいませ。

 

みなさまのお越しをお待ちしております!

 

福島監督自ら、川越スカラ座のためにPOPを用意してくださいました!!

| - | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/74PAGES | >>