• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
CALENDAR
<< August 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
賛助会員募集中
平成22年度賛助会員募集中
賛助会員入会の申込は、
上記をクリックしてPDFを閲覧下さい。
知り合いにも紹介しよう!
お申込み用紙はこちら
最新記事
RECENT COMMENT
PROFILE
Archives
OTHERS

<< 『天に栄える村』イベントのお知らせ | main | 3度目のインド料理ケータリングやります! >>
スカラジャニッキ 『天に栄える村』初日舞台挨拶&ケータリングレポート
すみません、最近はお知らせばっかりでイベントレポートまで手が回らず…。

というわけで、簡単ではございますが、久しぶりにイベントレポート!


3/14(土)ホワイトデーに、天栄村の産業振興課課長の吉成邦市さんと
『天に栄える村』原村政樹監督による舞台挨拶を行いました!


左が吉成課長、右が原村監督

作品を観てもわかりますが、吉成課長をはじめ、天栄村の方々の並々ならぬ
努力と不屈の精神は相当なものです。

魚沼ブランドに追いつけ、追い越せと努力に努力を重ね、ついに米の食味
コンクールで金賞を獲るまでになった天栄米。

よし、これで注文が殺到するぞ!

と思いきや、1袋もオファーが来ず、落胆するものの、これは続けていかないと
駄目なんだ、と翌年も金賞を受賞。

連続して金賞を獲ったことで注文が入るようになったところへ、あの原発事故が発生。
土も水も放射性物質に汚染され、米を買ってもらうどころか、作付すらできない状態に。

何が正解かもわからない中、調査と実験を繰り返し、とうとう放射性物質不検出の
米を作ることに成功。

よし、これでまた買ってもらえる!

と喜ぶものの、汚染されたイメージのぬぐえない「福島の米」を買ってくれる人は
いないという事実に直面。

しかし、そこで悲嘆にくれないのが吉成さんたち。
どうすれば買ってもらえるのか、次に何をすればいいかを考え、すぐに実行に
移す、その行動力と精神力。


上映終了後には大きな拍手が起こり、「この作品を観て何も感じない人はいない」
と信じていたのは間違っていなかった、と感動しました。


舞台挨拶でも、吉成さんのお話をみなさん真剣に聞き入っておられました。
吉成さんによると、いまだに「本当に安全なのか」「わざわざ福島のものを買う
必要はない」などと、言われることもあるそうです。

科学的に安全が証明されているにも関わらず、「汚染されている、危ない米」と
いうイメージが今も持たれているのです。

当館では上映にあわせ、天栄米の販売もしましたが、初日ですべて完売。
映画を観たお客様の中に、「今も危ないのでは」と思う方はさすがに
いらっしゃらなかったようです。


舞台挨拶終了後には、ロビーで安田花織さんによる天栄村のお米や野菜、味噌を
使ったケータリングを実施。


手前から、天栄米を使ったお結び、天栄村のりんごジュース、天栄村の野菜と味噌を
使った味噌汁、天栄村のヤーコンを使った漬物


お結びは竹の皮に包まれています


開くとお結びが3つ


ヤーコンの漬物は、吉成さんご提供

これがもう本当に美味しくて、今すぐ大量に買って帰りたい!と
思いました。
しゃきしゃきとした独特の歯ごたえと、いい漬かり具合、ごはんの
おともにピッタリです。

これはその辺では売ってないので、ぜひ金曜日のケータリングで
お召し上がりください!


お結びはあっという間に無くなってしまい、スタッフはひとつも
食べられなかったので、ヤーコンの漬物を一切れと、お味噌汁だけ
いただきました。

金曜のケータリングではお結びを多めに用意してくださるそうです。
お楽しみに!


おまけ

天栄米お結び@埼玉スタジアム

お結びを買った方が、埼玉スタジアムに持って行って召し上がったら
無事、浦和レッズが勝ったとのこと。

勝利を呼ぶお結び!



3/18(水)から20(金)までは毎日原村監督の舞台挨拶が、そして
3/20(金)にはふたたび安田花織さんによるケータリングがあります!

詳しくはこちら
http://event.k-scalaza.com/?eid=1264381


みなさまのお越しをお待ちしております!!
 
| - | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック