• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
CALENDAR
<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
賛助会員募集中
平成22年度賛助会員募集中
賛助会員入会の申込は、
上記をクリックしてPDFを閲覧下さい。
知り合いにも紹介しよう!
お申込み用紙はこちら
最新記事
RECENT COMMENT
PROFILE
Archives
OTHERS

<< 『銃』初日舞台挨拶 | main | 『斬、』塚本晋也監督舞台挨拶&サイン会 >>
スカラジャニッキ 第15回弁士・伴奏付き無声映画『サンライズ』上映会開催のお知らせ

【当日券販売のお知らせ】 

 

『サンライズ』当日券を販売します。

 

当日電話予約受付:2019年4月6日(土)11:00開始

※開演1時間前(15:30)までにチケットをご購入できる方のみ

 

電話番号:049-223-0733

 

窓口販売開始時間:2019年4月6日(土)11:00開始

 

枚数:26枚

※完売次第終了

 

料金:2,500円

 

--------------------------

 

【お知らせ】

チケット販売の詳細決定しました!

みなさまのご予約をお待ちしております。

(3月8日更新)

--------------------------

 

みなさま、こんにちは!

 

毎回大好評をいただいております無声映画上映会、次回の日程と作品が決まりました!

 

詳細は決まり次第お知らせいたします。

まずはスケジュールにご登録を!

 

 

○第15回弁士・伴奏つき無声映画上映会○

 

上映作品

『サンライズ』(1927年)

 

日時

2019年4月6日(土)16:00開場/16:30開演

 

<チケット>

料金:前売券2,000円/当日券2,500円

 

 

●先行予約

有料メールマガジンご購読者さまのみ先行予約あり

※3月9日(土)9:00ごろ発行の号外にて受付開始

予約終了

 

●窓口販売

2019年3月16日(土)11:00より開始

※完売次第終了(124席)

翌日より営業日の10:00から営業終了時間まで販売(火曜休館)

 

 

●メール予約

2019年3月16日(土)0:00より3月31日(日)23:59まで

※先行予約、窓口での前売券が優先となります

※完売次第終了

※受付開始前、終了後のご予約には対応できませんのでご注意ください

 

宛先

info☆k-scalaza.com(☆を@に変えてください)

 

件名

サンライズ予約

※件名が違うとメールを見落とす可能性があります

 

本文
おなまえ:
※ひらがなで、氏名の間にスペースを入力(例:かわごえ すからざ)

 

希望ブロック・枚数:
※希望ブロックは第3希望まで記載(例:A、B、C・1枚)

 

当日ご連絡の取れるお電話番号:
(例:000-0000-0000)


以上の必要事項を記載し、メールをお送りください。

 

 

携帯電話キャリアメールからのご予約は不可

(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)

 

※返信メールにてチケット料金お振込み口座をお知らせします。
※3営業日以上経っても返信のない場合ご連絡ください。

 

※お振込みの確認が出来ましたらご予約完了メールを送ります。
※ご入金後の返金はできません。ご了承ください。

 

※ご予約完了メールが送られない場合はご予約が完了しておりません。

 

 

●FAX予約

2019年3月16日(土)0:00より3月31日(日)23:59まで

※先行予約、窓口での前売券が優先となります

※完売次第終了

※受付開始前、終了後のご予約には対応できませんのでご注意ください

 

FAX番号

049-223-0733(電話と同じ)

 

必要記載事項

おなまえ(ひらがなで)

当日ご連絡の取れるお電話番号と返信用FAX番号 

希望ブロック(第3希望まで)

枚数

 

※返信メールにてチケット料金お振込み口座をお知らせします。
※3営業日以上経っても返信のない場合ご連絡ください。

 

※お振込みの確認が出来ましたらご予約完了FAXを送ります。
※ご入金後の返金はできません。ご了承ください。

 

※ご予約完了FAXが送られない場合はご予約が完了しておりません。

予約終了

 

【座席ブロック表】

 

A、Bブロック完売(3/17)

Cブロック完売(3/31)

Dブロック残り2枚(4/5)

Eブロック残り11枚(4/4)

Fブロック残り13枚(4/4)

 

 

●当日券:2019年4月6日(土)10:00より販売

※前売券で完売の場合は当日券なし

 

弁士:ハルキさん

 

ピアノ演奏:新垣隆さん

 

<作品情報>

サ ン ラ イ ズ  

Sunrise A Song of Two Humans

 

1927年 アメリカ フォックス作品  上映時間94分

封切=昭和3年9月6日大阪松竹座、他

第一回アカデミー賞 芸術作品賞・女優賞・撮影賞 受賞

キネマ旬報ベストテン第1位

 

〈スタッフ〉

監督・・・・ F・W・ムルナウ

原作・・・・ ヘルマン・ズーデルマン 

脚本・・・・ カール・マイヤー

撮影・・・・ チャールズ・ロシャー、カール・シュトルス

美術・・・・ ロフス・グリーゼ

 

〈配役〉

男・・・・・ ジョージ・オブライエン 

その妻・・・ ジャネット・ゲイナー

都会から来た女・・・ マーガレット・リヴィングストン

女中・・・ ボディル・ロージング

写真家・・・・ J・F・マクドナルド

理髪師・・ ラルフ・シップリー

マニキュア娘・・ ジェーン・ウィントン

ダンサー・・ バリ・ノートン

でしゃばりの紳士・・ アーサー・ハウスマン

よく世話をする紳士・・ エディ・ボーランド

 

〈解説〉

ドイツ表現主義の傑作『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922年)や『最後の人』(24年)などの作品を手掛けたF・W・ムルナウがハリウッドに招かれて監督した渡米第一作。「憂愁夫人」を代表作に持つドイツの文豪ヘルマン・ズーデルマンの短編小説を原作とし、物語の舞台となる村をセットで作り上げてしまうなど莫大な製作費をかけて作られた作品でもある。

 

海軍出身でスポーツ万能、屈強な肉体を武器に幅広い役柄をこなしていたジョージ・オブライエンが主人公の「男」、小柄なジャネット・ゲイナーが健気な「その妻」を演じている。

 

挿入字幕を極力省いて映像での表現に重きを置き、アメリカ無声映画最後の傑作とも云われ、第一回アカデミー賞の芸術作品賞を受賞。さらに、ジャネット・ゲイナーが『第七天国』『街の天使』での演技と合わせて女優賞を、モノクロならではの美しさや移動撮影の鮮やかさから二人のカメラマンが撮影賞を受賞。日本でもキネマ旬報ベストテンの第一位に輝いている。アメリカ無声映画の最晩期に作られた、正に無声映画の完成型と云えよう。

(松田豊)

 

 

〈略筋〉

それはある夏の出来事であった。湖畔の静かな村に都会から女がやって来る。その女はある農夫を誘惑した。

この男には優しい妻と小さな可愛い子供までいたが、夜な夜な都会の女と逢瀬を交わし心奪われていく。

女は「妻を殺して、一緒に都会で暮らそう」と男を唆した。

事故を装い妻を殺害する計画を実行しようと、ある日、男は妻を街へと誘うのだった…。

 

| - | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://event.k-scalaza.com/trackback/1264510
トラックバック