• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
CALENDAR
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
賛助会員募集中
平成22年度賛助会員募集中
賛助会員入会の申込は、
上記をクリックしてPDFを閲覧下さい。
知り合いにも紹介しよう!
お申込み用紙はこちら
最新記事
RECENT COMMENT
PROFILE
Archives
OTHERS

<< 『ギャングース』初日舞台挨拶 | main | 『レ・ミゼラブル』発声可能上映 >>
スカラジャニッキ 『家(うち)へ帰ろう』アフタートーク

みなさま、こんにちは!

 

明日から川越スカラ座で上映が始まる『家へ帰ろう』。

 

 

ブエノスアイレスで仕立屋を営んでいた88歳のユダヤ人、アブラハム。

施設に入ることになっていた彼は、家族に黙って家を抜け出し、ポーランドに向けて出発する。

 

ホロコーストの時に命を救ってくれた友人との、70年前の約束を果たすために―。

 

 

というストーリーで、これまでのユダヤ人やホロコーストの映画とはひと味違ったテイストの作品です。

世界各国の映画祭で観客賞を総なめにした感動作、ぜひご覧ください。

 

 

ドイツ映画研究の渋谷哲也さん、映画ライターの月永理絵さんをお迎えし、当館番組編成担当との映画鼎談を行うことになりました。

本作だけでなく、広く映画のお話が出来ればと思っております。

ぜひお越しくださいませ!

 

 

〇『家へ帰ろう』アフタートーク〇

 

●日時

2019年3月23日(土)15:30の回上映後

 

●ゲスト

渋谷哲也さん(ドイツ映画研究)

月永理絵さん(映画ライター)

 

MC

飯島千鶴(当館番組編成担当)

 

●料金
通常料金
※招待券、ポイントカードご利用による無料鑑賞可


●チケット(全席自由)
当日朝10:00より販売開始

 

孫たちに囲まれ、「幸せそうな」記念写真を撮ろうとするアブラハムだったが…。

 

施設に入れられる前に家を抜け出し、マドリッド、パリを経由しポーランドへ向かう。

 

ホロコーストを逃れ生き延びた彼は、決して「ドイツ」「ポーランド」という言葉を発しない。

 

親切なドイツ人の手助けも拒絶するほど頑固なアブラハム。

 

パリからポーランドまで、乗り換え地であるドイツの地を踏むことなく行きたいと無理難題を言う彼。

果たして命の恩人である友人に再会することができるのか―。

 

 

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A

| - | 14:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
先日のレジスタンス鼎談を興味深く拝聴しました。今日も是非お伺いしたいのですが体調がすぐれず残念です。僕が若いころのレジスタンスは、例えばヒットラーのように敵が明確であり、味方との連帯の在り方自体が問われることが多かったと思います。しかし、最近は敵は古い社会通念だったり、習慣風俗だったり、人間の生き様の相違だったりで明確ではありません。従って、味方同士の連帯もどこを探っていいのか容易ではなく複雑な状況です。
逆に言えば、ここに新しい発想の映画が誕生するのではないかと期待しています。
今日はスカラザ座に行けませんが、皆さんのトークを楽しく想像しています。
成功を祈ります。
| 佐藤彰男 | 2019/03/23 10:26 AM |
>佐藤さま

コメントありがとうございます。
本当に、佐藤さんのおっしゃる通りだと思います。
しっかりと自分で勉強し、考えて判断しないといけないですね。
映画はその一助になり得るものだと思います。
またのご来館を心よりお待ちしております。
| chi | 2019/03/25 12:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://event.k-scalaza.com/trackback/1264517
トラックバック