• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
CALENDAR
<< February 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
賛助会員募集中
平成22年度賛助会員募集中
賛助会員入会の申込は、
上記をクリックしてPDFを閲覧下さい。
知り合いにも紹介しよう!
お申込み用紙はこちら
最新記事
RECENT COMMENT
PROFILE
Archives
OTHERS

スカラジャニッキ 第15回弁士・伴奏付き無声映画『サンライズ』上映会開催のお知らせ

みなさま、こんにちは!

 

毎回大好評をいただいております無声映画上映会、次回の日程と作品が決まりました!

 

詳細は決まり次第お知らせいたします。

まずはスケジュールにご登録を!

 

 

○第15回弁士・伴奏つき無声映画上映会○

 

上映作品『サンライズ』(1927年)

 

日時:2019年4月6日(土)時間未定

 

弁士:ハルキさん

 

ピアノ演奏:新垣隆さん

 

<作品情報>

サ ン ラ イ ズ  

Sunrise A Song of Two Humans

 

1927年 アメリカ フォックス作品  上映時間94分

封切=昭和3年9月6日大阪松竹座、他

第一回アカデミー賞 芸術作品賞・女優賞・撮影賞 受賞

キネマ旬報ベストテン第1位

 

〈スタッフ〉

監督・・・・ F・W・ムルナウ

原作・・・・ ヘルマン・ズーデルマン 

脚本・・・・ カール・マイヤー

撮影・・・・ チャールズ・ロシャー、カール・シュトルス

美術・・・・ ロフス・グリーゼ

 

〈配役〉

男・・・・・ ジョージ・オブライエン 

その妻・・・ ジャネット・ゲイナー

都会から来た女・・・ マーガレット・リヴィングストン

女中・・・ ボディル・ロージング

写真家・・・・ J・F・マクドナルド

理髪師・・ ラルフ・シップリー

マニキュア娘・・ ジェーン・ウィントン

ダンサー・・ バリ・ノートン

でしゃばりの紳士・・ アーサー・ハウスマン

よく世話をする紳士・・ エディ・ボーランド

 

〈解説〉

ドイツ表現主義の傑作『吸血鬼ノスフェラトゥ』(1922年)や『最後の人』(24年)などの作品を手掛けたF・W・ムルナウがハリウッドに招かれて監督した渡米第一作。「憂愁夫人」を代表作に持つドイツの文豪ヘルマン・ズーデルマンの短編小説を原作とし、物語の舞台となる村をセットで作り上げてしまうなど莫大な製作費をかけて作られた作品でもある。

 

海軍出身でスポーツ万能、屈強な肉体を武器に幅広い役柄をこなしていたジョージ・オブライエンが主人公の「男」、小柄なジャネット・ゲイナーが健気な「その妻」を演じている。

 

挿入字幕を極力省いて映像での表現に重きを置き、アメリカ無声映画最後の傑作とも云われ、第一回アカデミー賞の芸術作品賞を受賞。さらに、ジャネット・ゲイナーが『第七天国』『街の天使』での演技と合わせて女優賞を、モノクロならではの美しさや移動撮影の鮮やかさから二人のカメラマンが撮影賞を受賞。日本でもキネマ旬報ベストテンの第一位に輝いている。アメリカ無声映画の最晩期に作られた、正に無声映画の完成型と云えよう。

(松田豊)

 

 

〈略筋〉

それはある夏の出来事であった。湖畔の静かな村に都会から女がやって来る。その女はある農夫を誘惑した。

この男には優しい妻と小さな可愛い子供までいたが、夜な夜な都会の女と逢瀬を交わし心奪われていく。

女は「妻を殺して、一緒に都会で暮らそう」と男を唆した。

事故を装い妻を殺害する計画を実行しようと、ある日、男は妻を街へと誘うのだった…。

 

| - | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『銃』初日舞台挨拶

みなさま、こんにちは!

 

12/22(土)から川越スカラ座にて一週間限定上映の『銃』。

急遽、初日舞台挨拶が決定しました!

 

武正晴監督は、以前『百円の恋』の時に初めてご登壇くださり、今回は2回目のご登壇となります。

実は武監督、最近川越スカラ座やその周辺で〇〇〇を××しておりますので、本作だけでなくその裏話も聞けるかと!

 

この機会をお見逃しなく!

 

 

〇初日舞台挨拶〇

 

 

●日時

2018年12月22日(土)12:00の回終了後

※予告なし、本編からの上映

 

●ゲスト

武正晴監督

 

●料金

通常料金
※招待券、ポイントカードご利用による無料鑑賞可

 

●チケット

当日朝10:00より販売開始

※状況により整理券を発行

 

※完売次第、販売を終了いたします(124席)。
※チケットご購入後の変更、払い戻しはできません。
※場内での撮影(カメラ、ビデオ含む)、録画はお断りいたします。
※イベントは予告なく変更、中止になる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

 

共演の広瀬アリスさんが、怖くて近づけなかったというほど、狂気をはらんだ役に入り込んでいた村上虹郎さんの演技に注目!

 

スタッフおすすめの「トースト女」、日南響子さんも最高!

| - | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ バーフバリ完全版5時間半耐久マサラ上映

みなさま、こんにちは!

 

今年の暑すぎる夏に実施した『バーフバリ』5時間超耐久マサラ上映

大変に盛り上がりましたが、やっぱり川越の夏は暑すぎる

 

というわけで、今度は冬にやります!と宣言したマサラ上映。

お約束通り開催しますよ!

 

しかも今回はどちらも完全版!

完全版マサラ!

 

ちなみに川越の冬はこれまたとっても寒いので、みなさんの王への熱狂で温めてください!

よろしくお願い致します!!

 

 

○『バーフバリ』完全版5時間半耐久マサラ上映○

©ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

 

上映作品:

バーフバリ 伝説誕生<完全版>

バーフバリ 王の凱旋<完全版>

 

日時:

2019年1月26日(土)開場13:00(整理番号順)/上映13:15から(19:00ごろ終了予定)

※イベントの進行状況により、終了時間は多少遅くなることがございます

※「伝説誕生」「王の凱旋」の間に15分程度休憩があります

 

料金(2作品分):

一般3,200円(各種割引なし)/シニア2,200円/障がい者・大学生2,000円/高校生1,000円

※無料鑑賞なし、ポイントはつきます

※2作品連続でのご鑑賞となります

 

<ご予約>

有料メールマガジン会員さま先行ご予約

2019年1月5日(土)発行の号外にて受付開始

 

有料メールマガジンご登録はこちらから

※月途中のご登録でも、月内に発行されたメールマガジンがすべて届きます

 

有料メールマガジンご登録に関するお問い合わせは、まぐまぐへお願いいたします

※まぐまぐのヘルプページはこちら

 

 

●一般ご予約

2019年1月12日(土)0:00から1月23日(水)23:59まで

 

座席

124席(先行、一般あわせて)

※完売次第受付終了となります

 

ご予約方法:

info*k-scalaza.com(*を@に変えてください)宛に

 

件名

「完全版予約」

※件名が違うとメールを見落とす可能性があります

 

本文

お名前:

 

ふりがな:

券種(一般、学生など)&枚数(おひとりさま2枚まで):

当日ご連絡のとれるお電話番号:

 

以上の必要事項を記載し、メールをお送りください。

 

こちからからの返信メールが届きましたらご予約完了です。

 

※携帯電話キャリアメールからのご予約は不可

(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)

※3営業日以上経っても返信のない場合ご連絡ください。

※ご予約完了メールが送られない場合はご予約が完了しておりません。

 

 

注意事項:

<OK>

クラッカー、火薬銃、紙吹雪、紙テープ、サイリウム、タンバリンや笛等の鳴り物、歌唱や声援、絶妙なツッコミ

ダンスやスタンディングは他のお客さまのご迷惑にならない場所や状況で存分に

コスプレ大歓迎

※狭いですが着替えスペースあります。超狭いのであまり期待しないでください!

 

<NG>

火、水、そのほか人や建物、設備に危害を加えるもの

後ろの方が座っているのに立ちっぱなし、ダンスでほかの方に激しくぶつかる、ケンカなど

 

 

念のために掲載しましたが、当館は基本的に禁止事項は少なめです。

みんなで楽しく騒いで楽しく王を称えましょう!

| - | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 無料上映会のお知らせ

みなさま、こんにちは!

 

渋谷氏監修の川越ドイツ映画祭とセットでやってくるもの……

それがこの、東京国際大学有志学生さんたちによる無料上映会!!

 

今年も短編作品から記録映像、劇場公開作品まで、さまざまな映画が上映されます。

これで無料とはなんて贅沢なんでしょう!

 

一足早いご自分へのご褒美として、ぜひお越しくださいませ。

 

 

 

〇東京国際大学有志学生による無料上映会〇

 

●日時

2018年12月23日(日)14:15開場/14:30上映開始

 

●上映作品

<第一部>

学生制作による映像集

・箱根駅伝の映像集(1月本選、10月予選会)

・海外インターンシップ報告

・渋谷ゼミ制作作品(ドキュメンタリー、ミュージッククリップ、ドラマなど)

 

<第二部>

友罪

監督:瀬々敬久

出演:生田斗真、瑛太、夏帆、山本美月、富田靖子、佐藤浩市

原作:薬丸岳

129分

©薬丸 岳/集英社

©2018映画「友罪」製作委員会

 

| - | 14:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 川越ドイツ映画祭2018&タイアップ

みなさま、こんにちは!

今年もこの季節がやってまいりました。

 

ドイツ映画研究、渋谷哲也氏監修の「川越ドイツ映画祭」。

今回も渋谷さんセレクトの刺激的な作品が揃っております。

 

もちろん今年も全日渋谷さんのレクチャーつき。

 

料金も大変お得なシステムになっておりますので、ぜひ全作制覇してください!

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

 

○川越ドイツ映画祭2018○

 

年末飛び切りの贅沢な時間をあなたに。

ドイツ映画を止めるな!

 

 

<開催期間>

2018年12月22日(土)、24日(月)、26日(水)-28日(金)

 

<上映時間>

各日14:00より開始

上映終了後、渋谷哲也氏(ドイツ映画研究)によるレクチャーあり

 

<料金>

一般1,200円/シニア1,100円/大学生1,000円/高校生500円

 

<リピーター割>

本映画祭の半券ご提示で、2本目が1,000円、3本目以降800円

※半券1枚ご提示で1,000円、2枚以上ご提示で800円

 

<上映作品>

 

22日(土)

フクシマ・モナムール

Grüße aus Fukushima

監督:ドリス・デリエ

出演:ロザリー・トーマス、桃井かおり

2016年

108分

 

福島最後の芸者サトミは仮設住宅を抜け出し、津波と原発事故で居住できないはずの自宅に戻る。
被災者の慰問に来ていたドイツ女性マリーはサトミを支え、廃屋での共同生活を始めるが、そこに夜ごと幽霊が訪れるようになり…。

映像提供:ゲーテ・インスティトゥート東京

 

 

24日(月・祝)

デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり

HELLOW I AM DAVID!

監督:コジマ・ランゲ

出演:デイヴィッド・ヘルフゴット、ギリアン・ヘルフゴット
2015年 

100分

 

かつて神童と謳われたデイヴィッド、だが統合失調症と診断され11年の闘病生活を余儀なくされる。
その彼が再びピアノに向かい、難曲ラフマニノフのピアノ協奏曲3番を披露する。
最高にスリリングな音楽ドキュメンタリー。

©UteFreund

 

 

26日(水)

否定と肯定

Denial
監督:ミック・ジャクソン

出演:レイチェル・ワイズ、トム・ウィルキンソン
2016年

110分

 

ユダヤ人歴史学者の講演に現れた男はナチスの大量虐殺はなかったと吹聴し始め、それは法廷でのホロコースト否定と肯定をめぐる一騎打ちとなる。
実際にあった裁判を元にした映画化で、息をのむような論戦と駆け引きが展開する。

©DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016

 

●上映後レクチャーゲスト:根本和幸氏(国際法学者 東京国際大学准教授)

根本先生がインフルエンザのため、ご登壇できなくなりました。

アフタートークは渋谷先生のみになります。

ご了承くださいませ。

 

 

27日(木)

ヴェロニカ・フォスのあこがれ

Die Sehnsucht der Veronika Voss
監督:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー

出演:ローゼル・ツェヒ
1982年

104分

 

目も眩むような美しいモノクロ画面の中、ナチ時代の人気女優ヴェロニカの転落と幕引きのドラマが進行する。
実在の女優の死をモチーフに、過去への憧憬と戦後社会の病理を鮮やかに交錯させた新しいメロドラマの傑作。

©RAINER WERNER FASSBINDER FOUNDATION/LAURA-FILMVERLAG

 

 

28日(金)

辛口ソースのハンス1丁

Einmal Hans mit scharfer Soße
監督:ブケット・アラクシュ

出演:イディル・ユネル、アドナン・マラル
2013年

96分

 

トルコ系移民2世としてドイツでキャリアを築いた34歳ヒロインの悩みは、理想のドイツ男性と巡りあえないこと。
そんな折未婚の妹の妊娠が発覚。姉から順番に結婚せよという旧弊な父のために、てんやわんやの婿探しが始まる。
協力:WÜSTE Film GmbH

 

○タイアップ○

 

本映画祭の半券をご提示で、以下のサービスが受けられます。

タイアップは年内有効ですので、映画祭が終わってもご利用いただけますよ!

 

1.Mie Cocoさん

シュニッツェル、カレーヴルストをご注文の方にドリンクサービス

 

ワインスタンドPON!さん

ドイツワインを100円引き

 

※営業時間は各店舗にご確認ください

 

| - | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『愛しのアイリーン』初日舞台挨拶のお知らせ

みなさま、こんにちは!

 

『犬猿』舞台挨拶で劇場を爆笑の渦に包んだ吉田恵輔監督(※吉はつちよし)と桜まゆみさんが再び川越スカラ座にご来館くださることになりました!!

 

今回の作品は、前作以上に劇薬です!猛毒です!必見です!

 

 

○初日舞台挨拶○

●日時

2018年12月1日(土)15:30の回上映後

 

●ゲスト

吉田恵輔監督(※吉はつちよし)

桜まゆみさん(真嶋琴美役)

 

●料金

通常料金
※招待券、ポイントカードご利用による無料鑑賞可

 

●チケット

・当日券

当日朝10:00より販売開始

 

・メール予約

2018年11月24日(土)0:00から11月29日(木)23:59まで受付

 

info*k-scalaza.com(*を@に変えてください)

 

件名を「アイリーン予約」とし、

 

お名前(ふりがな)

券種(一般/シニア/大学生/高校生)・枚数

当日連絡の取れるお電話番号

 

以上の事項を明記のうえ、お申し込みください。

こちらからの返信メールが届きましたらご予約完了です。

 

※携帯電話キャリアメールからのご予約は不可(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)

※3営業日以上経っても返信のない場合ご連絡ください。

※ご予約完了メールが送られない場合はご予約が完了しておりません。


※完売次第、販売を終了いたします(124席)。
※チケットご購入後の変更、払い戻しはできません。
※場内での撮影(カメラ、ビデオ含む)、録画はお断りいたします。
※イベントは予告なく変更、中止になる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

 

お客さまが来ないとスタッフが絶叫します。

 

(お客さまがいらっしゃらなかった時の川越スカラ座のイメージ)

 

©2018『愛しのアイリーン』フィルムパートナーズ

| - | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/73PAGES | >>