• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
CALENDAR
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
賛助会員募集中
平成22年度賛助会員募集中
賛助会員入会の申込は、
上記をクリックしてPDFを閲覧下さい。
知り合いにも紹介しよう!
お申込み用紙はこちら
最新記事
RECENT COMMENT
PROFILE
Archives
OTHERS

スカラジャニッキ 『娘は戦場で生まれた』渋谷哲也氏アフタートーク

みなさま、こんにちは!

 

休業期間中にライブ配信として始めた渋谷哲也さんの無観客映画トーク、ついにお客さまの前で実施です!

今回のテーマは、渋谷さんが休業直前のドイツの映画館でご覧になったという思い出の作品、『娘は戦場で生まれた』。

 

内容が内容だけに「面白い」という表現は適切でないかも知れませんが、見応えしかないドキュメンタリー。

(「見応え」という表現も適切でないかもと思いつつ)

 

生半可な言葉では表現しきれない作品について渋谷さんが何をお話されるのか?

非常に楽しみです。

 

ぜひお越しくださいませ!

 

 

●日時

2020年7月4日(土)15:00の回上映後

 

●ゲスト

渋谷哲也氏(ドイツ映画研究・東京国際大学教授)

 

●料金

通常料金

※無料鑑賞なし

 

●ご予約

お申し込みはこちら(20席限定)

※カレンダーのイベント名をクリックしてください

※受付は7/1(水)9:00から7/3(金)15:00まで

※おひとり3席分までご予約できます(全席自由)

※お支払いは当日窓口にて

 

●当日券

20枚

※予約締め切り後に正確な枚数をお知らせします

※キャンセルがあった場合はTwitterにて随時お知らせします

 

●ライブ配信

ご視聴方法はこちら

当館有料メールマガジンご登録の方のみ

※舞台挨拶開始(16:40ごろ)と同時に配信開始

※アーカイブなし

※アプリでログインするとコメント(質問)ができます

※本編の配信は無し

 

生まれた国が違うだけでこんな過酷な毎日を強いられるのか、と改めて思わされます。

娘(サマ)のために何をすべきか、何ができるのか。

必見のドキュメンタリーです。

| - | 16:32 | comments(0) | - |
スカラジャニッキ 『子どもたちをよろしく』寺脇研さん舞台挨拶

みなさま、こんにちは!

 

またまた急な話ですが、舞台挨拶を開催することになりました!

今回も定員は30席となりますが、また満席になることを願っております。

 

座席を1/4間引いてソーシャルディスタンスばっちりの川越スカラ座へぜひお越しくださいませ。

 

 

●日時

2020年6月28日(日)14:45の回上映後

※イベントは質疑応答ありで1時間の予定

※サイン会の有無は未定

 

●ゲスト

寺脇研さん

(企画・統括プロデューサー)

 

●料金

通常料金

※無料鑑賞なし

 

●ご予約

お申し込みはこちら(25席限定)

※カレンダーのイベント名をクリックしてください

※受付は6/25(木)12:00から6/27(土)15:00まで

※おひとり3席分までご予約できます(全席自由)

※お支払いは当日窓口にて

 

●当日券

10枚

※キャンセルがあった場合はTwitterにて随時お知らせします

 

●ライブ配信

ご視聴方法はこちら

当館有料メールマガジンご登録の方のみ

※舞台挨拶開始(16:30ごろ)と同時に配信開始

※アーカイブなし

※アプリでログインするとコメント(質問)ができます

※本編の配信は無し

 

 

今回もゲスト、MCともにマスク着用でのイベントとなります。

お客さまもマスクをご着用のうえ、ロビー設置の手指消毒用アルコールをご利用くださいませ。

 

お願いが多くご不便をおかけして申し訳ありません。

日頃から安全な映画鑑賞のためにご協力くださり、心より感謝申し上げます。

| - | 17:21 | comments(0) | - |
スカラジャニッキ ミニシアター押しかけトーク隊「勝手にしゃべりやがれ!」同時配信イベント

みなさま、こんにちは!

 

再開後2回目となるイベントのご案内です。

今回はオンラインイベント。

 

荒井晴彦監督、森達也監督・白石和彌監督・井上淳一監督(脚本家)の4名が、ミニシアター応援企画として立ち上げた「勝手にしゃべりやがれ!」

 

川越スカラ座でも某作品でオンライントークをしていただく予定になっていますが、それより先にライブハウス支援企画の同時配信が決定いたしました。

 

ご存じの通り、ライブハウスはミニシアターよりも苦しい状況にあります。

ミニシアターだけでなく、ライブハウスも同時に救おうとする「勝手にしゃべりやがれ!」の企画。

 

川越スカラ座にお越しの皆さまも質疑応答できますので、ぜひご参加くださいませ!

 

 

LOFT9 Shibuya支援企画

「勝手にしゃべりやがれ!」トークイベント

『同調圧力に抗う』同時配信

 

●日時

2020年6月27日(土)19:00-22:00ごろ

 

●出演
荒井晴彦、森達也、白石和彌、井上淳一

●ゲスト
PANTA(ミュージシャン・「頭脳警察」)、松元ヒロ(芸人)、望月衣塑子(新聞記者)、津田大介ほか
(敬称略)

 

●参加料金

1,000円(ワンドリンク付き)

当日払い

 

●定員

32名

 

●予約

6月21日(日)19:00-6月26日(金)15:00受付

こちらのカレンダーのイベント名をクリック

 

●当日券

22枚

 

 

渋谷まで行かなくても渋谷でのイベントに参加できる、なんていい時代なんでしょうか。

しかもこのメンバーだったら、文字通りタブーなしのトークが繰り広げられるはずです。

言いたいこといっぱいありますよね?

この機会に発散しちゃいましょう!

 

| - | 10:27 | comments(0) | - |
スカラジャニッキ 『プリズン・サークル』坂上香監督ティーチイン

みなさま、こんにちは!

 

6/6から無事復活した川越スカラ座です。

低空飛行が超低空飛行になっておりますが、ちょっとずつ低空飛行になるといいなと淡い期待を抱いています。

 

さてさて、イベントはしばらく無理か……!と諦めていた川越スカラ座に、『プリズン・サークル』坂上監督から嬉しいお声がけがあり、ティーチインが急遽決定いたしました!

 

もちろん、もともと席を約1/4(32席)に減らしているので定員はかなり少ないですし、ティーチイン時は最前列も念のため使用不可、監督も司会もお客さまもマスク着用などいろいろと制約があるなかでの開催となりますが、それでもとても嬉しいです。

 

再開後初めてのイベントはライブ配信も行いますので、行くのは無理!という方、席が取れなかった!という方はぜひそちらで。

 

休業期間中にトークのライブ配信を始め、2回ほど実施いたしましたが、監督ティーチインの配信は今回が初めてになります。

 

まさかうちみたいな映画館が配信なんてしちゃうとは予想もしませんでしたが、新しい可能性を求めて、今後もしぶとく生き残っていきたいと思います。

どうぞお付き合いくださいませ!

 

そして、遅くなりましたが休業中のご支援、誠にありがとうございます!

おかげさまでめげずに再開できました!

 

 

●日時

2020年6月14日(日)10:30の回上映後

※10時開場

※トーク30分、サイン会なし

 

●ゲスト

坂上香監督

 

●チケット

通常料金

※招待券、ポイント使用による無料鑑賞なし

 

●ご予約

お申し込みはこちら(25席限定)

※カレンダーのイベント名をクリックしてください

※受付は6/12(金)5:00から6/13(土)15:00まで

※おひとり3席分までご予約できます(全席自由)

※お支払いは当日窓口にて

 

●当日券

枚数をご予約締切後に告知

※キャンセルがあった場合はTwitterにて随時お知らせします

 

●ライブ配信

ご視聴方法はこちら

当館有料メールマガジンご登録の方のみ

※ティーチイン開始(12:46ごろ)と同時に配信開始

※アーカイブなし

※アプリでログインするとコメント(質問)ができます

※本編の配信はなし(仮設の映画館で本編のみご覧いただけます)

 

坂上監督が撮影許可を取るのに6年、撮影に2年もかけたという本作

 

日本の刑務所内が、劇場公開作品として撮られたのは初めて

 

刑務所と聞いてどんなイメージが湧くでしょうか

受刑者は特殊な人たちでしょうか

他者に対する寛容が、結局は自分を救い、社会を救うことになるということがよくわかるドキュメンタリー、必見です

 

©2019 Kaori Sakagami

| - | 14:28 | comments(0) | - |
スカラジャニッキ 第18回弁士・伴奏付き『笑う男』無声映画上映会

【お知らせ】

新型コロナウイルスの感染状況が急速に悪化していることを受け、今回の上映会を延期することを本日決定いたしました。

本来だったらもっと早く決めるべきところを、ぎりぎりのお知らせになってしまい申し訳ありません。

 

すでにご予約いただいている方には今日中に連絡したします。

まずは取り急ぎ、こちらのほうでお知らせいたします。

 

最後まで悩みましたが、この状況で集まっていただくのは心苦しく、こちらにとっても辛く感じます。

また、多くの方に観ていただけない作品も可哀想です。

 

みなさまと安心して楽しめる状況になってから改めて開催日を決定します。

その日までお待ちください。

 

そして、くれぐれも安全にお過ごしください。

ご自身やご家族のご健康を最優先してください。

 

また笑顔でお会いできますように。

 

イベント担当:飯島

(3/30)

 

みなさま、こんにちは。

 

川越スカラ座では予定通り無声映画上映会を開催いたします。

 

いろいろと不安な状況ではありますが、ご自身の健康とお気持ち次第で参加をお決めいただければと思います。

少しでも体調にご不安のある方は、今回はお見送りくださいますようお願い申し上げます。

 

無声映画上映会はこれからも続いていきますので、どうかご無理をなさらず、当日体調に問題のない場合だけご参加ください。

健康であってもご不安を感じるようであれば、次回以降にご参加いただけると嬉しいです。

 

参加ご希望の方は健康管理にご留意いただき、当日は万全の体調でご参加され、めいっぱい楽しんでいただければ幸いです。

 

(こちらでもアルコール消毒スプレーの用意や換気など、出来る限り対策を行っていきます)

 

4月の状況が現時点では読めないので、今回は当日までご来館できるかどうかご不明な方も多いかと思います。

そのため、これまでとは異なり、キャンセルしやすいよう事前入金なしにいたします。

詳しくは以下の案内をご参照ください。

 

ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

○第18回弁士・伴奏つき無声映画上映会○

 

上映作品

笑う男

 

 

日時

2020年4月5日(日)開場16:30/開演17:00

 

チケット

前売券(前日までにご予約の方)2,100円/当日券(ご予約無しの方)2,600円

※全席自由

※料金は当日払い

 

お席について

キャパの半分に限定します(62席

1つ置きの着席となります

 

●先行予約

有料メールマガジンご購読者さまのみ先行予約あり

※3月7日(土)発行の号外にてご予約開始

※今回のみ事前振込なし

 

●窓口予約

3月14日(土)11:00より開始

※完売次第終了

翌日より営業日の10:00から営業終了時間まで受付(火曜休館)

※料金は当日払い

 

●メール予約

3月14日(土)0:00から3月31日(火)23:59まで

※完売次第終了

※窓口予約優先

※料金は当日払い

 

メールフォームにてお申し込み

※3営業日(火曜定休)以内に、当日のご入場についてのご案内をメールでお送りいたします

※3営業日過ぎても連絡がない場合はお電話ください(049-223-0733)

 

●当日券

4月5日(日)10:00より販売

※ご予約で完売の場合は当日券なし

 

弁士:ハルキさん

 

ピアノ演奏:新垣隆さん

 

(企画:オフィス・アゲイン

 

<作品情報>

笑 う 男  The Man Who Laughs

1928年 アメリカ ユニヴァーサル社作品  上映時間110分

封切=昭和4年1月13日南地敷島倶楽部

 

〈スタッフ〉

原作 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ヴィクトル・ユゴー

監督 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐ パウル・レニ

脚色 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐ J・グラブ・アレキサンダー

潤色 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐ バーレー・P・シーハン

撮影 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ギルバート・ウォレントン

製作 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐ カール・レムリ

〈配役〉

デア ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ メアリー・フィルビン

ギンプレーン ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐  コンラート・ファイト

ギンプレーンの子供時代 ‐‐‐‐‐‐‐‐ ユリウス・モルナー・ジュニア

ジョシアナ女公爵 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ オルガ・バクラノヴァ

バーキルフェドロ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ブランドン・ハースト

アーサス ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ シーザー・グラビーナ

ディリー・モワール卿 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ スチュアート・ホームズ

ジェームズ2世 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ サム・ド・グラッセ

医師ハードカノーヌ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ジョージ・シーグマン

アン女王 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ジョセフィン・クロウェル

小屋主 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ チャールズ・パフィ

〈解説〉

 「レ・ミゼラブル」「ノートルダム・ド・パリ」等の作品で知られる19世紀のフランスの文豪ヴィクトル・ユゴーの原作を、ドイツ出身のパウル・レニが監督した大作。

 

『カリガリ博士』(1919年)で夢遊病者ツェザーレを好演し、ドイツ表現主義を代表する名優と讃えられるコンラート・ファイトが主演。

『オペラの怪人』(25年)のクリスティーヌ役で一躍人気を博したメアリー・フィルビンがヒロインを演じている。

さらに、ロシアから革命を避けて渡米したオルガ・バクラノヴァが女公爵役で出演するなど、国際色の濃い作品になっている。

 

 公開当時の批評では、登場人物の多い波乱万丈の物語を、脚本、監督、出演者のいずれもが「きっちり、整然」と役割をこなし、大作品らしい風格を持った見ごたえのある映画に仕上がっていると評された。

又、原作者のユゴーは、偏狭な老人アーサスに自らの思想を吹き込み、己の傀儡としてアーサスを活躍させたという説もある。            (松田豊)

〈略筋〉

17世紀の英国。国王ジェームス2世と敵対し、海外に亡命していたクランチャリー卿は、我が子恋しさのあまり御忍びで故国に戻ったが、バーキルフェドロの奸計に遭い死罪に処せられてしまう。

クランチャリー卿の幼い息子ギンプレーンは、コンプラチコに売られ、医師ハードカノーヌによって顔に「永遠の笑い」を刻みつけられてしまった。

時は過ぎ、ジェームズ2世の統治が終わると、新たな国王は残忍非道なコンプラチコらを国外に放逐するが、ギンプレーンは群れから雪の中に捨てられる。

彷徨うギンプレーンは、女の赤ちゃんを抱いたまま死んでいた女性を見つけ、その赤ちゃんデアを抱いて歩くうち香具師のアーサスに拾われる。

 

15年後、成長したギンプレーンは道化師「笑う男」となり、アーサス、盲目のデアと旅を続けていたが、見世物小屋の主となっていたハードカノーヌが「笑う男」を見つけた事で、再びギンプレーンの運命が動き出す。

 

(字幕翻訳協力:小口絵子)

| - | 17:54 | comments(0) | - |
スカラジャニッキ 劇場版SOARA『LET IT BE- 君が君らしくあるように -』 2/15(土)のグッズ販売について

 

販売グッズは下記の画像よりご参照ください。

(クリックして拡大してご覧ください)

 

<2/15(土)のグッズ販売について>

 

2/15(土)の初日はイベントのため、開場時間とは別にグッズ販売時間を2回に設定させていただきます。
当館は狭い劇場の為、スムーズなイベント進行へのご協力をお願い致します。

 

 

販売時間:

1回目 10:40〜12:30(イベント開始前)
13:00の回のチケットお持ちの方のみがお買い求めいただけます。
購入時にご提示ください。 

 


2回目 17:30〜19:45(映画終了後)
15:25の回のチケットお持ちの方のみがお買い求めいただけます。
購入時にご提示ください。

 

※「1回目10:40〜」「2回目17:30〜」それぞれ、商品の在庫は分けております。

※購入制限数以上をお求めのお客さまはお並びなおしをお願い致します。

 

販売場所:

川越スカラ座ロビー

 

 


<グッズ販売注意事項>
・グッズは販売数に限りがあるため、売り切れになる可能性がございます。あらかじめご了承ください。
・アイテムによって一会計ごとに上限個数を設定しているものがあります。

 設定数以上をお求めのお客さまはお並び直しをお願い致します。
・決済方法は、現金、PayPayのみとなります。
・全ての商品が完売となった場合は、その時間を以て販売を終了といたします。
・破損品・不良品を除き、商品購入後の返品・お取り替えはいたしません。
 ※商品の破損、不良については商品パッケージに記載のお問い合わせ先へご連絡願います。
・購入商品のオークションや第三者に対しての転売目的とした
 譲渡、移転、その他の処分をすることを禁止いたします。
・早朝の待機及びご来場は禁止しております。守っていただけない場合、
 イベント開催を中止する場合もございますので、マナーを守っていただきますようお願いいたします。

 

 

| - | 15:13 | comments(0) | - |
<< | 2/78PAGES | >>