• トップページ
  • 上映中
  • 今後の上映
  • 料金
  • スカラジャニッキ
  • イベント
  • アクセス
  • 過去の上映作品
  • 歴史
  • 貸しホール
CALENDAR
<< August 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
賛助会員募集中
平成22年度賛助会員募集中
賛助会員入会の申込は、
上記をクリックしてPDFを閲覧下さい。
知り合いにも紹介しよう!
お申込み用紙はこちら
最新記事
RECENT COMMENT
PROFILE
Archives
OTHERS

スカラジャニッキ 『家(うち)へ帰ろう』アフタートーク

みなさま、こんにちは!

 

明日から川越スカラ座で上映が始まる『家へ帰ろう』。

 

 

ブエノスアイレスで仕立屋を営んでいた88歳のユダヤ人、アブラハム。

施設に入ることになっていた彼は、家族に黙って家を抜け出し、ポーランドに向けて出発する。

 

ホロコーストの時に命を救ってくれた友人との、70年前の約束を果たすために―。

 

 

というストーリーで、これまでのユダヤ人やホロコーストの映画とはひと味違ったテイストの作品です。

世界各国の映画祭で観客賞を総なめにした感動作、ぜひご覧ください。

 

 

ドイツ映画研究の渋谷哲也さん、映画ライターの月永理絵さんをお迎えし、当館番組編成担当との映画鼎談を行うことになりました。

本作だけでなく、広く映画のお話が出来ればと思っております。

ぜひお越しくださいませ!

 

 

〇『家へ帰ろう』アフタートーク〇

 

●日時

2019年3月23日(土)15:30の回上映後

 

●ゲスト

渋谷哲也さん(ドイツ映画研究)

月永理絵さん(映画ライター)

 

MC

飯島千鶴(当館番組編成担当)

 

●料金
通常料金
※招待券、ポイントカードご利用による無料鑑賞可


●チケット(全席自由)
当日朝10:00より販売開始

 

孫たちに囲まれ、「幸せそうな」記念写真を撮ろうとするアブラハムだったが…。

 

施設に入れられる前に家を抜け出し、マドリッド、パリを経由しポーランドへ向かう。

 

ホロコーストを逃れ生き延びた彼は、決して「ドイツ」「ポーランド」という言葉を発しない。

 

親切なドイツ人の手助けも拒絶するほど頑固なアブラハム。

 

パリからポーランドまで、乗り換え地であるドイツの地を踏むことなく行きたいと無理難題を言う彼。

果たして命の恩人である友人に再会することができるのか―。

 

 

© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A

| - | 14:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『ギャングース』初日舞台挨拶

みなさま、お待たせしました!!

 

川越スカラ座では3月16日から上映の、入江悠監督『ギャングース』。

もちろん今回も舞台挨拶がありますよ!

 

『サイタマノラッパー』シリーズに相通ずるものがある本作。

胸に迫るラストシーンは必見です。

 

監督のお話をたっぷりと聞きにお越しくださいませ!

 

〇『ギャングース』初日舞台挨拶〇

●日時
2019年3月16日(土)15:30の回上映後

※1時間のティーチイン形式を予定(質疑応答ありの舞台挨拶)
※トーク後はサイン会あり(パンフレットご購入の方のみ)


●ゲスト
入江悠監督


●料金
通常料金
※招待券、ポイントカードご利用による無料鑑賞可


●チケット(全席自由)
当日朝10:00より販売開始
※整理券を発行する場合があります


※完売次第、販売を終了いたします(124席)
※チケットご購入後の変更、払い戻しはできません
※イベントは予告なく変更、中止になる場合がございます、あらかじめご了承くださいませ

 

入江監督を待ち伏せるサイケとカズキ


●ご予約

<先行>(有料メールマガジンご購読の方のみ)
3月2日発行の有料メールマガジン号外にて受付開始

 

有料メールマガジンご登録はこちらから
※月途中のご登録でも、月内に発行されたメールマガジンがすべて届きます

 

有料メールマガジンご登録に関するお問い合わせは、まぐまぐへお願いいたします
※まぐまぐのヘルプページはこちら

 

「サバイブ、サバイブ!」

(本作を観たあとに全員が発してしまうセリフ)


<一般>(メール)
3月9日(土)0:00から3月14日(木)23:59まで受付

 

宛先
info◆k-scalaza.com(◆を@に変えてください)

 

件名
「ギャングース予約」
※件名が違うとメールを見落とす可能性があります

 

本文
おなまえ:
※ひらがなで、氏名の間にスペースを入力(例:かわごえ すからざ)

券種・枚数:
(例:一般1枚)

※本作はR15+作品のため、14歳以下の方はご覧いただけません

当日ご連絡の取れるお電話番号:
(例:000-0000-0000)


以上の必要事項を記載し、メールをお送りください。

 

こちからからの返信メールが届きましたらご予約完了です。

 

※携帯電話キャリアメールからのご予約は不可
@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)

※3営業日以上経っても返信のない場合ご連絡ください。
※ご予約完了メールが送られない場合はご予約が完了しておりません。

 

「これだけあれば入江監督に会えますか」

「これじゃちょっと足りねーなぁ」

(当館では映画料金だけで入江監督にお会いできます!)

 

「どこに行けば入江監督に会えますか!」

(川越スカラ座でお会いできます!サインもいただけます!)

 

「〇〇の俺にも入江監督に会わせてくれよ」

 

(ご結婚おめでとうございます!)

 

© 2018「ギャングース」FILM PARTNERS &copy;肥谷圭介・鈴木大介/講談社

| - | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『津軽のカマリ』舞台挨拶&三味線演奏

みなさま、こんにちは!

 

3月2日から川越スカラ座で上映が始まる『津軽のカマリ』。

津軽三味線の先駆者、初代高橋竹山の栄光とその過酷な人生を、二代目竹山やお弟子さんを通じ描き出したドキュメンタリーです。

 

「それを聴けば、津軽のカマリ(匂い)がわきでるような、そんな音を出したいものだ」

と、生前語っていた初代竹山。

 

まさにその「カマリ」を感じられる作品です。

 

初日と2日目には、映画のあとに三味線の生演奏も!

私は生で三味線演奏を聴くのが初めてなので、個人的にもとても楽しみにしています。

 

ぜひ津軽の匂いを感じに、そして生演奏を聴きにお越しくださいませ!

 

 

〇『津軽のカマリ』舞台挨拶&三味線演奏〇

●日時
2019年3月2日(土)、3日(日)12:30の回上映後
※トーク&演奏で15分を予定


●ゲスト
2日(土)

佐々木鶴藤さん(三味線)
山本謙之助さん(三味線)
朴 俊希さん(三味線)
長谷川栄人さん(三味線)
上村厚子さん(三味線)
島村きょう子さん(三味線)
内山登さん(尺八)

司会:鈴木正隆さん


3日(日)

山本竹勇さん(三味線)

 


●料金
通常料金
※招待券、ポイントカードご利用による無料鑑賞可


●チケット(全席自由)
当日朝10:00より販売開始
※整理券を発行する場合があります


※完売次第、販売を終了いたします(124席)
※チケットご購入後の変更、払い戻しはできません
※イベントは予告なく変更、中止になる場合がございます、あらかじめご了承くださいませ


| - | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『僕の帰る場所』舞台挨拶

みなさま、こんにちは!

2月3月だけでイベントが10件以上という、怒涛のイベントラッシュの川越スカラ座です。

 

今月のイベントはあと2つ!

『がんになる前に知っておくこと』アフタートークと、そしてこの『僕の帰る場所』舞台挨拶です。
 

本作でミャンマー人家族を演じ、今回ご登壇されるキャストの方々は映画初主演ですが、初めてとは思えないほど自然体で、まるでドキュメンタリーのような作品です。

 

特に主人公を演じたカウン君の演技は天才的。

ぜひご覧いただきたい映画です。

 

〇『僕の帰る場所』舞台挨拶〇

●日時
2019年2月24日(日)15:00の回上映後
※イベントは15分間の予定


●ゲスト
カウン・ミャッ・トゥ(兄・カウン役)
ケイン・ミャッ・トゥ(母・ケイン役)
テッ・ミャッ・ナイン(弟・テッくん役)
藤元明緒監督

 


●料金
通常料金
※招待券、ポイントカードご利用による無料鑑賞可


●チケット(全席自由)
当日朝10:00より開始
※整理券を発行する場合があります


※完売次第、販売を終了いたします(124席)
※チケットご購入後の変更、払い戻しはできません
※イベントは予告なく変更、中止になる場合がございます、あらかじめご了承くださいませ

 

| - | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す』初日舞台挨拶

【予約受付終了のお知らせ】

 

100席ご予約いただきましたので、受付を終了いたします。

(2月14日17:30)

多数のお申し込みありがとうございます!

 

当日券は24枚ありますので、そちらもお待ちしております。

(キャンセルが出た場合は増えることがあります)

 

---------------------

 

【予約分変更のお知らせ】

 

多数のお申し込みをいただいているため、予約分を当初の60席から100席に変更いたします。

ご了承くださいませ。

 

---------------------

みなさま、こんにちは!

 

「止め俺」こと『止められるか、俺たちを』舞台挨拶でサプライズ登壇してくださった井浦新さんが、ふたたび川越スカラ座に!

 

憧れの新さんに、こんな短いスパンで2回もお会いできるなんて……!

と、感動に打ち震えております。

きっとみなさまも同じでしょう!

 

というわけで、大変急な話ではありますが、明日2/14よりメール予約の受付を開始します!

当日券も用意しますので、ぜひお越しくださいませ!!

 

 

〇初日舞台挨拶〇

 

●日時

2019年2月16日(土)15:15の回上映後(14:55開場)

※1時間のティーチイン形式(質疑応答ありの舞台挨拶)

※サイン会あり(パンフレットご購入の方のみ)

 

●ゲスト

柳川強監督

井浦新さん(外交官・千葉一夫役)

戸田菜穂さん(千葉の妻・惠子役)

中島歩さん(倉持昌幸役)

 

●料金

通常料金

※招待券、ポイントカードご利用による無料鑑賞不可

※ポイントはつきます

 

●チケット(全席自由)

・当日券

当日朝11:00より販売開始

※整理券を発行します

※当日分は24席(予約状況により変動)

 

※完売次第、販売を終了いたします(予約・当日合わせて124席)
※チケットご購入後の変更、払い戻しはできません
※イベントは予告なく変更、中止になる場合がございます、あらかじめご了承くださいませ。

 

・ご予約

2月14日(木)0:00から2月15日(金)正午まで受付

※予約分は60席100席に変更
 

info◇k-scalaza.com(◇を@に変えてください)宛に、

 

件名

「返還予約」

※件名が違うとメールを見落とす可能性があります

 

本文

お名前(ふりがな必須):

券種(一般、学生など)&枚数(おひとりさま2枚まで):

当日ご連絡のとれるお電話番号:

 

以上の必要事項を記載し、メールをお送りください。

こちからからの返信メールが届きましたらご予約完了です。

 

当日のご入場に関しては、返信メールにて案内いたします。

 

※携帯電話キャリアメールからのご予約は不可

(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)

※2営業日以上経っても返信のない場合ご連絡ください

※ご予約完了メールが送られない場合はご予約が完了しておりません

 

沖縄返還に尽力した外交官、千葉一夫氏を演じた井浦新さん

 

個人的な話ですが、昨年当館の研修旅行で沖縄に行ったので、余計に感慨深いものがあります。

(『返還交渉人』についてスタッフコラムにも書きました)

 

知っているようで知らない沖縄の歴史。

ぜひご鑑賞くださいませ!

 

 

©NHK

| - | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラジャニッキ 『がんになる前に知っておくこと』初日トークイベント

みなさま、こんにちは!

 

2人に1人は発症すると言われる「がん」。

みなさまの身近にも、がんになった方、がんになったことがある方、あるいはご自身がそうだという方もいらっしゃると思います。

 

がんは、年齢や性別問わず、すべての人がかかる可能性のある病気です。

にもかかわらず、がんに出会うまではがんのことをよく知らなかった、いま現在、がんについて詳しいことを知らない、という方も多いのではないでしょうか。

 

かくいう私もそのひとりですが、事前に正しい知識を得ておくことで、いたずらに不安を煽られたり恐怖を感じたりすることなく、正面からがんに向き合い、対処し、前向きに生きていくことができる。

 

当たり前ながらついおろそかになりがちなことを、この作品から教わりました。

ぜひご覧ください。

 

初日は監督と現役の医師によるアフタートークを行います。

気になるお話がたくさん聞けると思いますので、ぜひお越しくださいませ!

 

 

〇『がんになる前に知っておくこと』初日トークイベント〇

 

●日時

2019年2月23日(土)10:30の回上映後

※トークは30分を予定

 

●ゲスト

三宅流(みやけ・ながる)監督

儀賀理暁(ぎか まさとし)医師(埼玉医科大学総合医療センター 緩和医療科/呼吸器外科)

 

<儀賀先生プロフィール>

1969年、東京都生まれ。

慶應義塾大学医学部卒業後、同大学医学部外科学教室に入局。

その後帝京大学医学部外科学講座などを経て、現在は埼玉医科大学総合医療センター緩和医療科/呼吸器外科准教授・緩和ケア推進室室長、国立大学法人埼玉大学教育学部ならびにフェリス女学院大学音楽学部非常勤講師を務める。

がん診療を中心とした日々の臨床に従事するとともに学校教育の現場へと出向き、いのちの時間を生きる患者さんの思いや自身の経験を、今とこれからを生きる子供たちそしてその子供たちと歩む先生方へと伝え続けている。

 

●料金

通常料金

※招待券、ポイントカードご利用による無料鑑賞可

 

●チケット(全席自由)

当日朝10:00より販売開始

※整理券を発行する場合があります。

 

※完売次第、販売を終了いたします(124席)。
※チケットご購入後の変更、払い戻しはできません。
※イベントは予告なく変更、中止になる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

 

●ご予約

2月16日(土)0:00から2月21日(木)23:59まで受付

 

info★k-scalaza.com(★を@に変えてください)宛に、

 

件名

「がんトークイベント予約」

※件名が違うとメールを見落とす可能性があります

 

本文

お名前(ふりがな必須):

券種(一般、学生など)&枚数(おひとりさま2枚まで):

当日ご連絡のとれるお電話番号:

 

以上の必要事項を記載し、メールをお送りください。

 

こちからからの返信メールが届きましたらご予約完了です。

 

※携帯電話キャリアメールからのご予約は不可

(@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpなど)

※2営業日以上経っても返信のない場合ご連絡ください。

※ご予約完了メールが送られない場合はご予約が完了しておりません。

 

本作にはがんを治療する医師だけではなく、

 

がんになった方の相談を受ける看護師、

 

がんを経験した人、現在がんを抱えながら仕事をしている医師、なども出てきます。

 

自分がもしがんになったら、どこへ行って、誰に相談できるのか?

それだけでも知っておくと、少し気が楽になるかも知れません。

| - | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/74PAGES | >>